GreenCamps love

雨の日でもキャンプを楽しむ裏技

天気予報では晴れの予報であっても、実際にキャンプ場に行くと天気が変動する事はよくあります。
テントを張ってのキャンプの場合、台風などの暴風雨でない限りそのまま続行する事はよくあります。
天候に不安がある時は早めに撤収したり氾濫の恐れのある川沿いなどは避けるべきですが、タープがあると天候が不安定でも臨機応変に対応ができます。
4本足のタープもありますが、軽量な2本足タイプの「ヘキサタープ」がオススメです。
天気の良い日はタープを立てて日よけにもなりますが、雨が降ってきた時にテントを覆う様にタープを立てます。
その時、テントの入口と反対側のポールを短くする事で、スムーズに雨水を地面に流す事ができます。
濡れたテントを畳んで干す事を考えれば、お布団を干すように扱えるタープを別の日に干す方がずっと楽です。
また、ポールを増やす事でタープ下のスペースが広くなりますので、作業をしたり、下にビニールシートを敷いて荷物置き場にする事も可能です。

キャンプにおける雨対策

キャンプをする場合はどうしても野外になるので、雨が降ったときの対策をすることが重要になってきます。
では、どのような方法で対策を立てるのかというと、レインウェア、張り綱、タープを用意して、対策を立てることが重要になってきます。
まず、レインウェアについては、しっかりと着用する事が大事になってきます。
少しでも隙間があるとそこから水が入ってきてしまうので注意が必要です。
張り綱については、しっかりと張ることによって、十分な雨よけ対策になりますから、事前に準備することが重要です。
タープについては、野外に張ることができる屋根状のものであり、これを張ることによって、雨が降っているときであってもタープの下で食事をしたりすることができます。
タープを設置をする場所としては、タープの入り口と出口のあたりに、車のリア部分とテントを隣接することによって、荷物の出し入れをするときも、水に濡れることなく荷物の持ち運びをすることができます。

『キャンプ 雨』 最新ツイート

@ancafeyou

はい!キャンプ中止! 雨男はなかなかキャンプができませんなぁ!(ʘ言ʘ╬)

1分前 - 2020年08月08日


@MN2JxrvjVNQ1eJR

さて、明日からスタートの2週間で東日本を蹴散らかす旅。 予定ではお盆あたり北海道なのだが、 が、週間予報雨☔やん。降水確率70%。結構な雨やん。 キャンプの予定なので、現在思案ちう🤔🤔 ワンコ連れなので選択肢狭し。

27分前 - 2020年08月08日


@okina_manon

#チワめ会 ・そびえ立つ謎の格好良いオブジェ ・雨が降るキャンプ地。私が雨音を聞きたい時にたまに来てるワールドでした ・霞灯篭。川を流れる灯篭がとても美しい ・空へと登っていく灯篭。幻想的です https://t.co/CYc7xdnD4J

28分前 - 2020年08月08日


Valuable information


浅草着物レンタルを行っています


2019/12/5 更新

Copyright 2015 GreenCamps All Right Reserverd.